広告戦略

ブランディング×イノベーション

消費者を惹きつけるブランドを確立すること。
これまで歩んできた歴史や価値を、これからの時代にどう生かすか。
競合他社に埋もれることなく、消費者の心にとどまる「優位性」を打ち出すことで、“選ばれる”ブランドとなり得ます。

ブランディングとは、ロゴやイメージを刷新したり、単純に知名度を向上させる事ではありません。

企業としての存在意義を、「消費者とどのような関係を構築するか」として考えることで、ブランドパーソナリティを基点としたコーポレートアイデンティティを醸成することが可能となるのです。

消費者動向から市場を分析する

費用対効果を最大限に追求するため、広告展開には常に消費者の視点が求められます。

生活背景や社会の変化を敏感にキャッチし、クライアントの訴求ポイントと消費者のニーズをマッチングさせることで、到達すべき着地点をはじきだし、大きな成果を生み出します。

広告の価値と代理店の役割

広告というと、TVCMや新聞などで大々的に宣伝するというイメージがあります。

しかしテレビや新聞、雑誌、インターネットなどはすべて宣伝のための手段でしかありません。商品を売るために大切なことは、なにで宣伝するかではなく、どう宣伝するかにかかっています。

第一エージェンシーはクライアントの要求や課題に対し、あらゆる「手段」を用いた「手法」を構築することで、市場を攻める提案を行います。

テレビ広告

テレビ広告

テレビ広告

テレビ広告

テレビ広告