訪日旅行客向けプロモーション

訪日旅行客向けプロモーション

現地でのPR〜店舗集客まで。訪日旅行客へ効果的にアプローチ。

近年、「訪日観光客・旅行客」「爆買い」といった、日本を訪れる外国人の消費や行動にまつわるキーワードが、連日ニュースを賑わせています。2014年、日本に訪れた訪日外国人の数は前年比29.6%増の1,341万人。2015年は、7月の時点で既に1,000万人の大台を突破しており、東京オリンピック開催に向け年々右肩上がりに増えていくものと予想されます。国として、継続的な訪日旅行プロモーションに積極的に取り組んでいることや、円安による買い物客の大幅増が起因していることは間違いありません。これをビッグビジネスととらえ、効果的なプロモーション展開を行っている企業はまだ一部業界に限られますが、勝機を見出し参入してくる企業はすでに動き始めています。高額・大量消費の買い物、つまり「爆買い」を目的とした訪日客が特に突出して目立つ中国を筆頭に、台湾、韓国、米国と、日本に訪れる前の現地におけるプロモーションの他、日本国内での店舗集客における効果的なアプローチが重要となる「訪日インバウンドマーケティング」。豊富なマーケティング情報と商品を売るためのレスポンス広告に特化してきた実績をもとに、最適なプロモーションをご提案いたします。

■国・地域別 年間外国人観光客数|■訪日観光客の旅行費用の使い道
訪日旅行客の行動把握

Webとリアル、両面からアプローチするのが効果的。

私たちが海外旅行前にインターネットやガイドブックで情報収集してから渡航するように、日本を訪れる外国人観光客も事前の情報収集を行い、「何を購入するか」「どこに行くか」をある程度明確にして日本にやってきます。まずは日本に訪れようとしている外国人観光客の行動や志向を把握し、効果的なプロモーションを仕掛けることが重要となります。旅行客の行動マーケティングを行ったうえで、最適なプロモーションプランをご提案いたします。

[日本への旅行前]-[日本での滞在中]
訪日観光客へのコンタクトポイント

WEBマーケティングを中心に、訪日前からアプローチを行います。

「爆買い」することで有名な中国の観光客。その購入行動を見てみると、やはり前述のように事前に下調べを行ったうえで購入する商品を決めています。観光客のほとんどが日本の店舗に実際に訪れる前にいわゆる「指名買い」する商品を決定しているのです。どのタイミングでどのような施策を展開すべきかは、このような消費行動を把握・理解することで的確なプロモーションをうつことができます。訪日前から実際に訪れての消費行動まですべてを把握し的確なタイミングでアプローチできるよう、お手伝いさせていただきます。

  • 訪日検討前(1)SNSやDSP等のWEBマーケティング

    日本への訪日が決まっていない、潜在的な訪日旅行客に対し、効率的に商品やサービスをPR。

  • 矢印
  • 訪日検討中(2)旅行情報サイトやガイドブック

    情報をリサーチ中の訪日見込み客へは、旅行情報サイトやガイドブックでアプローチ。

  • 矢印
  • 渡航中/日本国内(3)航空機内誌やラックメディア

    飛行機での移動中や日本での滞在中は、航空機内誌やホテルなどで置かれる、ラックメディア等でアプローチ。